絶好調だった日本ハム大谷選手が負傷離脱してしまった

足首のケガによりWBCを欠場し、開幕を投手として迎えることができなかった大谷選手ですが、打者としては開幕から絶好調を維持していました。しかし、4月8日のオリックス戦で左太ももに違和感があり途中欠場、診断の結果肉離れにより4週間の戦列離脱を余儀なくされてしまうようです。一時期は投手復帰も近いのではないかという報道もありました。あまりに打撃が好調なので、今までのような起用法ではなく、打者として試合に出続けて試合終盤にストッパーとして登場するプランまで浮上していましたが、それもすべてパーになってしまいました。今一つ調子の上がらない日本ハムにとってはかなりの痛手で、栗山監督も頭の痛いところでしょう。160キロ超の速球を投げ、打つ方では打率と長打力を併せ持つ選手だけに、その能力を維持するために体の方にもかなりの負担がかかっているのだと思います。肉離れは完治させないと繰り返し起こす可能性もあるので、この際はしっかり完治させた上で戻ってきてもらいたいと思います。アコム キャッシング